GOCHAMAZE timez(ごちゃまぜタイムズ)
いわきから「ごちゃまぜ」 あらゆる障害のない社会へ

【イベントレポート】 謎解きで知ろう!LGBTQ 〜みんなちがって、みんなふつう〜

2021年11月27日(土)、ソーシャルスクエア いわき店にて「謎解きで知ろう!LGBTQ 〜みんなちがって、みんなふつう〜」を開催いたしました。ソーシャルスクエアいわき店を拠点に、周辺の内郷のまち歩きをしながらLGBTQのことが楽しく学べるイベントとなりました。新型コロナウィルスの影響で少人数での開催となりましたが、アットホームで和気あいあいとした雰囲気を含めたくさんの写真と共に、その模様をお伝えします。はじめに、ごちゃまぜイベントとは障害の有無も国籍も年齢も性別も一切カンケイなく、大人から子どもまで、どなたでも参加頂いて分け隔てなく楽しもうというイベントです。今回は障害や生きにくさを抱える方々に、福祉サービスを提供している”ソーシャルスクエア”を拠点とした、ごちゃまぜイベントを開催しました。

その名も「謎解きで知ろう!LGBTQ 〜みんなちがって、みんなふつう〜」。

ずばり、テーマはLGBTQ。最近よく聞くけれど、なかなか学ぶ機会のないこのテーマを、ソーシャルスクエアのクルーが扮するカナコ先生とカホ助手が、来場した皆さんにナゾを出題。ナゾが隠された町を歩きながら答えを探っていくと…?というイベントです。


まずは、カナコ先生から謎解きのルールや今日の約束事をご紹介。いろいろな性のあり方を大切にするための考え方や、そもそも「ふつう」って何?というところから皆さんに考えていただきました。
そんな中、1枚の手紙が参加された皆さんの手元に届きます…「未来をになうキミたちに届いたメッセージ…キミたちには○○○になってほしい」。届く間に消えてしまったこの3文字を探すべく、参加者の皆さんには謎解きをしていただきます。


もちろん文明の利器(スマホなど)使用OK!わからないことは、各所に点在するスタッフにこっそりヒントを聞いたり、会場に置いてある様々な資料からカンニングもOK。わいわい楽しみながらも、真剣に謎を解いています。謎が謎を呼ぶ問題がいくつも出題されます。時にはナゾの隠し場所そのものが謎解きになっている場合も!

時にはスクエアを飛び出して、ナゾを解きに行きました。幸い天候にも恵まれ、お散歩と会話を楽しみながら出かけます。自然に会話も生まれて、皆さん笑顔。(残念ながらマスクで写真に写っていませんが。。)



内郷地域の様々な場所に点在するナゾを順番に解いていきます。こちらもなかなかの難易度。
ナゾの設置場所は「マルト内郷店」さんと「UKIYO ~ 帽子と cafe のお店」さんにご協力いただきました。近隣のお店にもご協力いただき、大変感謝です。

すべてのナゾが解き終わったら、ふたたびスクエアへ。そこでは「キミたちには○○○になってほしい」の答えと最後の謎解きが待っています。○○○の答えは「アライ」。これまでのナゾを正しく解くと、この3文字が浮かび上がります。アライとはLGBTQ +当事者たちに共感し、寄り添いたいと考え、行動する人のこと。アライの行動に正解はありませんが、カナコ先生より「こういうふうに考えてほしい」という思いが語られます。

最終問題は、提示された3つの行動のうち、「アライ」の行動としてふさわしいと思う行動の番号の宝箱を見つけること。宝箱はスクエアのどこかに隠されています。



無事、見つけることができると謎解き完了!
賞としてソーシャルデザインワークス・アライverステッカーが進呈されました。

謎解きのあとはコミュニケーションタイムを設けました。
いわき市平中央台にある、メディカルハーブティーのお店oluoluさんがレインボーカラーのハーブティーを用意してくださいました。感染症予防をしつつ、お好きな色のハーブティーを楽しんでいただきます。


ハーブティーの色はすべて自然由来のもので作っていただいているそうで、見た目だけでなく味にもこだわって抽出していただきました。どの味も本当においしい!外での謎解きで冷えた体に染み渡りました。

来場された方からは「謎解きしながら楽しくLGBTQのことを学べた」というご意見や「いわきではなかなかLGBTQについて学ぶ機会がないので、良い機会になりました」など嬉しい感想をいただきました。

難しくなりがちなテーマでしたが「楽しみながら学べるイベント」というチャレンジしてみて良かったと思います。

今後も不定期ではありますが、ごちゃまぜイベントを開催予定でおります。
ぜひ、SNSや当ページをチェック頂き、開催情報をご確認頂けると嬉しいです!

●NPO法人ソーシャルデザインワーク/スソーシャルスクエア・ Twitter
https://twitter.com/NPO_SDWS

●NPO法人ソーシャルデザインワークスFacebookページ
https://www.facebook.com/NPOSDWs/

GochamazeTimesCompany

全国各地にライターやプロボノを抱える編集社。タブロイド紙|GOCHAMAZE timesの季刊発行、および、地域の方々と共創するごちゃまぜイベントの定期開催により、地域社会の障害への理解・啓発|年齢・性別・国籍・障害有無に限らず多様な”ごちゃまぜの世界観”をデザインし続けている。

この記事が気に入ったらシェア!

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

GOCHAMAZE Times Vol.16 2021秋号

2021年11月27日(土)、ソーシャルスクエア いわき店にて「謎解きで知ろう!LGBTQ 〜みんなちがって、みんなふつう〜」を開催いたしま …

Support Us