GoChaMaZe

みんなで持ち寄り!ごちゃまぜ芋煮会

先月末に開催した芋煮会。開催場所は、ずっとーーーココでやりたい!と思っていた、大久町にある「ハイジの里山」。
みなさん、いわきにこんな素敵な場所があるのご存知でしたか?

何が素敵かというと、とにかく自然がいっぱい!というかもはや、森にあるお洒落な「まち」に来たって感じです笑
ブランコやシーソー。そして子どもの頃、誰もが1度はやってみたいと思ったであろう、ターザンロープまであるんです。しかもこれらはすべて、「手づくり」です。その他、畑もあって、オーガニックコットンや美味しいお野菜まで、なんでもあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな素敵なハイジの里山ですが、ここを地域交流の場所として、もっとたくさんの方に使って欲しいと、様々なカテゴリーのイベント会場として、解放しているのです。

以前に私たちのインタビューにご登場いただいた際、ハイジの里山の代表小島さん親子は、こんなことを語って下さいました。「自然を通じて、自ら感じ・考え・学び・行動することと出会える場所、そして、子どもも大人も地域もみんながつながるきっかけとなる場所、ハイジの里山をそんな場所にしていくことが、今の私たちの生きがいです。」

まさに今回のごちゃまぜ芋煮会は、そんな空間が体現できたんじゃないかと感じています。
限定30名で開催しましたが、約半分くらいが「はじめまして」の方々でした。

芋煮の食材は、ネギやこんにゃく大根など、参加者の方からみーんな持ち寄り。
当日までどんな食材が集まるのか、ドキドキでした笑
そのドキドキもあっても面白いかなーと思いましたし、はじめましての方同士でも、「どんな食材を持ってきたんですかー?」とか「じゃあわたし、人参切るの担当しますね」とか、たかが食材、されど食材(笑)

会話が始まるきっかけの1つになるんじゃないかと思って、持ち寄りって方法を取りました。
みなさんの協力のおかがで、具沢山で美味しい芋煮が完成!身体がポッカポッカに温まりました!

 

 

芋煮を作っている間には、遊び(笑)兼グリーンバード!いが栗がたくさん落ちていて、拾い集めるのが大変という、ヘルプがハイジの里山からありましたので、地域密着がキーワードのグリーンバードの出番です。私たちいわきチームは、ゴミ拾いじゃないから活動しないじゃないんです。地域で困っていることがあれば、協力させていただきます!

ちょうどハロウィンの時期ということもあり、かぼちゃのバケツを持たせてもらった子どもたちは、大喜び!!!遊び5割。グリーンバード5割で頑張りました(笑)

自然豊かな環境だと、なんだか心も豊かになりますね。
幸せな時間でした。

 

手作りシーソー。大人も楽しめる!

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ママと一緒に芋煮の準備

 

グリーンバードだって頑張りました!

 


みんな大好き。ターザンロープ。

 

みんなで楽しむ!それがごちゃまぜ。

みんなで協力!共創だ!その1

 

 


みんなで協力!共創だ!その2

 


美味しかったです!楽しかったです!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ソーシャルスクエア
ソーシャルスクエア
NPO法人ソーシャルデザインワークスが運営する障害福祉サービス店舗。 社会と現在の自分を結ぶための広場を創造することをコンセプトに、一人でも多くの生きにくさを抱える方々の心に栄養を、その先にある活力ある人生に貢献している。 Webサイト|http://socialsquare.life/