3)vol5
GoChaMaZe

ごちゃまぜNY vol.5 笑いたければ、花火に行こう!

 

夏がやってきた。ニューヨークの夏は、最高だ。

ニューヨークに遊びにいきたい!との声があれば、必ず”夏がいいよ!”と薦めている。

6月を過ぎると、みんなが外に出始める。ルーフトップバーもはじまり、野外イベントも

続々スタート。とにかく外が賑やかになるのだ。

 

1)vol5

2)vol5

 

夏の風物詩といえば、花火。あるとき友人に誘われ、花火を見に行った。

アメリカの花火がどんなものなのかと、わくわくした。

賑わう会場。空が暗くなり、花火があがった!

 

3)vol5

 

と思ったら、怒涛のごとく激しい花火が上がり続け、終わった。

いわゆる「情緒」を感じることなく、とにかく笑っている間に、終わった。

空に重なる煙と歓声、拍手。”ブラボー!!”と叫びたくなるその感じ。

 

4)vol5

そこから楽しくなって、よく花火を見に行くようになった。

笑いたければ、花火に行こう。

何もかも忘れてしまうぐらい、痛快な花火が待っている。

 

ニューヨーク支部 宮本英実 (理事)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

宮本 英実
宮本 英実
NPO法人ソーシャルデザインワークス理事。地域活性団体MUSUBU代表。いわき市小名浜出身、ニューヨーク・ブルックリン在住。音楽業界にてマネージャー、宣伝を経験。東日本大震災以降は、地域に根差した企業やプロダクトの広報・PR、若者向けのキャリア教育にも関わるなど幅広い分野で活躍。ニューヨークからからリアルな「ごちゃまぜ」を発信中。