photo(1
GoChaMaZe

ごちゃまぜNY vol.4 ニューヨーカーの「声かけ力」

 

ニューヨークにいると、見知らぬ誰かによく声をかけられる。

道端で、スーパーで、地下鉄で。

まるで知ってる誰かに話しかけるように、みんなが話しかけてくる。

その際、アイコンタクトとスマイルは必需品だ。

シャイだからと言って、決して下を向いていてはいけない。

その会話に飛び込んでいくのだ。そのほうが、圧倒的に気持ちのいい終わりが待っている。

 

photo(2

photo(3

 

お気に入りのアディダスのパーカーがある。

葉っぱの迷彩柄のその服は、たくさんのナイスな瞬間を生み出してくれると共に、

私のテンションをいつもあげてくれる。

それを着て街を歩く度、誰かが声をかけてくれる。

道ですれ違った人がわざわざ後ろから「エクスキューズミー!」と私を呼び止め、

「その服、とてもクールね!」とウインクして笑顔で去っていく。

カフェで隣の席になったお姉さんが「それ私好きよ、どこで買ったの?」とあれこれ聞いてくる。

こんなことが、日常茶飯事だ。

 

photo(4

 

スーパーのレジでお会計を待つ時にも、同じようなことが起こる。

店員さんとお客さんによる、それが。

長い行列が出来ていようがおかまいなし、

気になることがあればとにかく伝えずにはいられないのがニューヨーカーだ。

さっさと買って帰りたいのに、、、と心の中で思っていると、

後ろの人が私のカゴを見て「あなたのそれよりもっと安いの売ってたわよ!持ってこようか?」と言うので、

「えっ、ほんと?」と会話がはじまり、

こんな時間もわるくないなと思ったりしてしまうのである。

 

ニューヨーク支部 宮本英実 (理事)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

宮本 英実
宮本 英実
NPO法人ソーシャルデザインワークス理事。地域活性団体MUSUBU代表。いわき市小名浜出身、ニューヨーク・ブルックリン在住。音楽業界にてマネージャー、宣伝を経験。東日本大震災以降は、地域に根差した企業やプロダクトの広報・PR、若者向けのキャリア教育にも関わるなど幅広い分野で活躍。ニューヨークからからリアルな「ごちゃまぜ」を発信中。