DSC_0346
TIMES

GOCHAMAZE times Vol_4 春号

みなさん、こんにちは。企画担当の松岡真満です!

まだまだ寒い日は続きますが、あっという間に4月。 入学、入社…そしてお花見の季節です!
4月も、イベント盛りだくさんかと思いますが、季節の変わり目でもあるので、 体調などお気をつけくださいね!!
それでは新年度も張り切って、『GOCHAMZE』をお届けしてまいります!

2016年8月にvol1が創刊されてから、今月でvol4が発行となりました。 今まで読んでくださっていた方は、「あれ?今までとテイストが変わった…?」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか? 実は新年度より、ウザワリカさんがデザイナーとして、私たちの『仲間』になってくださったのです! 色使いやレイアウトも可愛らしい感じで仕上げて頂きました。

今回の対談は、株式会社ラッシュジャパンの丸田さんと当法人の副代表理事の佐藤による『働き方』対談です。 ラッシュジャパンは、イギリス生まれの主に石鹸やバスボムなどを取り扱う化粧品ブランド。一方で、当法人は就労移行支援と自立訓練を行う障害福祉事業。
サービス内容としては、全く違う会社と法人が何について語ったのか。 それは、「自分の伝えたいコトを会社を通じて、どう社会にアプローチをしていくのか。」ということ。 現代社会において、貧困や難民、森林破壊、少子高齢化、障害者雇用など様々な問題がありますが、それら問題に興味関心のある方だったら、ストレートに訴えれば何かしらの反応をしてくれるコトでしょう。 しかし、社会という大きな括りにおいて、その分野に直接的に興味関心がない方ももちろんいらっしゃいますよね。 その方々にも、『想いや考え』を伝えていくには、なぜそれが必要なのか。なぜ今なのか。」それらをしっかりと 法人が掲げるビジョン・理念とともに語っていく必要があると思っています。 提供しているサービスは違うけれど、課題を解決していきたい。この想いは一緒です。 そんな対談が目玉になっている今回のGOCHAMAZE times. ぜひご覧ください。

Vol_4 表紙コラボアーティスト 小松理虔さん
1979年福島県いわき市小名浜生まれ。フリーランスの広報・ライター。テレビ局の報道記者、雑誌編集者、かまぼこメーカーの広報などを経て、2015年に中小企業の情報発信やPRを支援する「ヘキレキ舎」を立ち上げ独立。2015年より、ソーシャルデザインワークスの広報チームに加わり、現在は「GOCHAMAZE times」の編集担当としても活動中。今回は、趣味的に続けている写真作品を表紙として使用した。写真は小名浜港の岸壁に打ち寄せる波。何一つ同じ形のない波と、一つの海のコントラスト。不変(普遍)と変化の象徴としての海が、人間の「ごちゃまぜ」な日々の営み、そのものを表現している。

 

Contents
[Talk Session]
 佐藤有佳里 × 丸田千果さん(株式会社ラッシュジャパン)
[GOCHAMAZE REPORT]
ごちゃまぜボードゲーム
[Interview]
小島悦子さん、小島和美さん(ハイジの里山) and more…

   vol4-1

小島悦子さん、小島和美さん(ハイジの里山)にインタビュー。『みんなが主役になれる里山』

vol4-2

>リノベーション後のソーシャルデザインワークスで開催した「ごちゃまぜボードゲーム」の模様など

vol4-3

>リノベーション後のソーシャルデザインワークスで開催した「ごちゃまぜボードゲーム」の模様など

vol4-4

>ローカルネットワーク全国大会@いわきの様子、事業所の様子、ごちゃまぜニューヨーク

 


GOCHAMAZE times 2017春号
発行日|2017年 3月20日
発行人|北山 剛
編集|小松 理虔(ヘキレキ舎)
デザイン|鵜澤里佳(marutt)小松 知寛
撮影|今泉 俊昭
企画|松岡 真満
発行|特定非営利活動法人ソーシャルデザインワークス
印刷|株式会社東海共同印刷

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう